親しい人やお世話になった人の突然の訃報は、悲しみと同時に早くお別れに会いに行きたいと思う人もとても多いです。

生前の人柄が表れるお葬式
生前の人柄が表れるお葬式
生前の人柄が表れるお葬式

お葬式の葬儀前に気をつけるべきこと

親しい人やお世話になった人の突然の訃報は、悲しみと同時に早くお別れに会いに行きたいと思う人もとても多いです。ですが、お葬式が行われる以上マナーを守った対応が必要です。突然の知らせだとしても、慌てずにしっかりとした対応を心がけます。そんなマナーの1つとして、お葬式が行われる前の気をつけるべきポイントがあります。まずは訃報の連絡をもらったからといって、時間も関係なく駆けつけることは控えるポイントです。例え親しいかたや恩人だったとしても、親族への配慮に欠ける行動になるため注意します。次によくありがちかもしれませんが、電話をかけてお悔やみを伝えるのは控えます。

親族の方は悲しみにくれながらも葬儀の準備や弔問客への対応で、心身ともに大変な時でもあります。そんな時の電話は非礼となるので注意です。次に喪家に長く居座ることも気をつけるポイントです。親しい人などの訃報には、別れを惜しんで離れがたい思いがあるのも分かりますが、やはり親族への配慮として長くいることは控えたほうが良いです。他に気をつけるべき行動として、亡くなられた故人への対面を自分から申し出るのはマナー違反です。配慮に欠ける行為になるため、親族から進められない限り自ら対面の申し出はしてはいけません。これらの行動はマナー違反となりますので、気をつけるようにすることがポイントです。

注目の情報