一般的なお葬式をする場合、平均的に大体300万円前後の費用がかかると言われています。

生前の人柄が表れるお葬式
生前の人柄が表れるお葬式
生前の人柄が表れるお葬式

葬式費用は事前の準備がおすすめです

一般的なお葬式をする場合、平均的に大体300万円前後の費用がかかると言われています。故人が葬儀代をしっかり自分で用意していた場合は問題ありませんが、そうでない場合は家族が負担しなければならないので、意外に多くの出費になります。親の葬儀の時は子どもが費用を用意するケースが多いでしょう。兄弟がいる場合はお金を出し合うということもできますが、子どもが一人しかいない場合は全部の負担がかかってくるので、正直なかなか厳しい状況です。貯蓄などが無く一括で支払いが難しい場合は、ローンを組むこともあるようです。

このように葬式にかかる費用が子どもに負担になってしまう状況を考えると、自分の葬儀代くらいは事前に用意しておきたいのが親心です。葬式なんてまだまだ先の話、そういう風に思っている方も多いかと思いますが、そのときは意外にすぐにやってくるかもしれません。また、300万円を貯めるためにはある程度の時間もかかりますから、早いうちから意識的に葬儀のための費用の準備をしておくと安心でしょう。私自身もまだ30代なので自分の葬儀については何も考えていませんが、もし親が亡くなったことを想像すると、念のためある程度の費用は用意しておくべきだと考えています。