生活をしていて突然の訃報が届く場合があります。

生前の人柄が表れるお葬式
生前の人柄が表れるお葬式
生前の人柄が表れるお葬式

お葬式の時のお悔やみの言葉について

生活をしていて突然の訃報が届く場合があります。自分がとてもお世話になった人や親しくしていた人であれば、速やかに通夜や告別式へ参列する準備を整えて弔問に窺うようにします。その際のお葬式に参列する際のマナーとして、喪主の方や親族の方にお悔やみの言葉をかける事になります。お祝いの場ではないので、ダラダラと長く挨拶するのは失礼となります。短い言葉のなかに親族をいたわりを込めながらお悔やみの言葉を伝えます。その際は、大きな声ではなく普段よりも声は小さくし、トーンを落として落ち着いて伝えるようにします。

お悔やみの言葉として定番なのは、このたびは御愁傷さまでございますといった挨拶や、お悔やみ申し上げますといった挨拶になります。そのほかには、心中お察しいたしますや、私にお役にたてる事があれば遠慮なくおっしゃってくださいなど、親族への気遣いを込めた挨拶などもあります。短く挨拶した後は、静かに通夜や告別式に参加するため待機します。お葬式で仏教などの場合はお悔やみの言葉はマナーですが、もし参列するお葬式がキリスト教などの場合は、お悔やみの言葉は伝えないので注意しておくと良いです。逆にお悔やみの言葉などは言わずに、お葬式の連絡をくれたことに対してお知らせいただきありがとうございますといった挨拶をすれば大丈夫です。

注目の情報